プリンタを使う際に必要なものとは

プリンターのトナーを活用する

パソコンで作成した文書データや画像データなどを紙に印刷したい時に、プリンターは重宝します。
プリンターには、黒鉛・顔料等の色粒子を付着させた帯電性のプラスチック粒子であるトナーを使う事によって印刷が出来る仕組みになっています。
プリンターのトナーは、消耗品ですので、定期的に交換を行っていく必要があります。
近年では、メーカーが再生品を発売していますので、従来よりも安い価格でトナーを購入する事が出来るようになっています。
レーザープリンターなどを使っている場合には必要な物であり、これが無くなった状態では、正常に印刷を行えませんので注意が必要です。
ランニングコストを抑えたい利用企業にとって、再生品は丁度良い製品となっています。
新しい製品から古い製品までありますので、使用している機器に対応している物を選択して購入します。
レーザータイプは、インクジェットタイプよりも高速に印刷を行えますので、業務用途で使いやすいのが特徴です。

プリンターにかかるコストとトナー使用

皆様の職場にはどんなプリンターが置かれているでしょうか。
よく置かれているのが、FAXとプリント機能の複合機だと思います。
そして、大半の会社がトナーを使うタイプの機械をおいているのではないでしょうか。
プリンターの種類は大きく分けて二つあります。
トナーを使うものとレーザーで印刷するものです。
前者のほうが、初期の設置コストが安いため、よくオフィスに置かれているようです。
しかし、本当にコストパフォーマンスはよいのでしょうか。
たとえば、家に置くプリンターを考えてみてください。
機械自体は最近、一万円しない安価な機種もあります。
安さに飛びつきそうになりますが、インク代を考えてみると実はとても割高なことに気づくでしょう。
数回インクを変えただけで、本体代金を超えてしまうケースもあります。
また印刷頻度が少ないとインクづまりを起こして修理が必要になってしまいます。
これをオフィスに置き換えてみましょう。
オフィスなら印刷頻度は高いでしょうが、トナー自体は高価ですし、詰まりが起こったりする可能性もあります。
状況に応じて、レーザーのほうが安いケースも考えられるのです。
初期費用だけにとらわれずに、プリンター選びをするとよいでしょう。

pickup

最終更新日:2018/8/1